志賀芳彦先生追悼文
                
              

        志賀芳彦先生への追悼文

                   北海道写真協会旭川支部
                             支部長 馬場和美  

11月の初めに志賀先生のお宅へ伺いました。
福田先生とご一緒に11月の支部例会の件について体調の様子など伺い
29年度最後の例会に参加頂けるかどうか、支部の最高作品賞のことなど
をお話して、いつも通り笑顔で支部の活動についてご指導・助言などを頂
き、今でも「写真をみる目は誰にも負けないぞ!」と目を輝かせ、笑顔で熱く
語る先生の姿を見て、ほっと安心して帰宅したのはつい先日でした。

それなのに、お元気で過ごされているものとばかり思っていましたが,12月
3日早朝、息子さんの洋さんから「今朝父が亡くなりました」との報を聞き、
一瞬言葉が出ませんでした。突然の訃報に頭が混乱し先日伺った様子が
堂々巡りでした。しばらくしてわれに返り、悲しく悔しくて残念でならない思い
を胸にお悔やみを申し上げ電話を切ったのでした。

あぁなんと世の中は無情なものなのでしようか。今までの先生との温かい
交流や指導を受けた日々の数々の思い出が幾度となく去来しました。

奥様をはじめご家族、ご親族の皆様のお悲しみは如何ばかりかとお察しす
るのみでありました。今は只ただ支部会員一同と共に、先生の心からのご
冥福を願わずはおられません。

先生はオホーツク沿岸の興部の町に生まれ、早くしてお父様をなくされ一家
を支えながら厳しい冬の流氷と共に育ち、トラックいっぱいの秋サケを積んで
旭川へ。その途中上川の越路峠で振り返り仰ぎ見た大雪。初冬の雪をかぶ
り赤く染まる山に魅了されその大雪の山の虜になってしまったそうであります。

それ以来、上川に通う数年、そして定住。今のようにロープウエーもない中で、
50キロに及ぶ撮影器具食糧を背負い、自分の足を頼りに大雪の山と戦い続
けたのでありました。風と寒さと吹雪、幾度となく死を覚悟することもあったと
のこと、筆舌にしがたい経験と苦難の中で、一瞬の晴れ間の輝きの美しさ、
如何にこの大自然の荘厳で素晴らしさをカメラに収めるかを迷いながらの日
々だったそうです。

そんな中で、いつも優しく帰りを迎えてくれる奥様の笑顔があり、疲れも幾度
となく癒されてきたそうであります。そして、ついに志賀先生独特の表現方法
を突き留めたのだそうです。「自然も生きている」ことを悟り、愛情もって自然
を見つめ、心の目で捕え表現する日本でも数少ない北海道をいや日本を代
表する写真家として認められるようになったのであります。

その後は、皆さんご存じのように数々の賞に輝き、地方に住みながら写真を
発信する数少ない日本を代表する偉大な写真家としてその地位を確立し、多
くの人々との「出会い」でもその名を高めたのであります。

また、昭和44年、先生は北海道写真協会旭川支部の創設者として初代支部
長、顧問として今日の日まで50年間、写真のプロとしての傍ら写真道展審査
会員としてまた、旭川支部の顧問として上川町から旭川に40キロの道を毎月
通い例会の指導・助言に携わってくださり、今ある旭川支部の礎を築くととも
に、支部の向上発展に大きく貢献していただいた功労者でもあります。

平成30年6月1日には、創立50周年記念式典・祝賀会を盛大に開催する予定
で進めていた矢先でありました。当日を共に迎えご苦労を労いながら楽しく有
意義なひと時を語り合えなくなってしまいました。

先生のいない式典はあまりにも悲しすぎます誠に無念であり残念でなりません。
会員の皆様と共に、今まで半世紀もの長い間温かくご指導ご助言を頂いたご
苦労に、心より感謝しつつご冥福をお祈りいたします。(記:平成29年12月19日)

                                                                                       
 
           志賀芳彦先生の経歴
                                 (2017年12月3日現在)

◎ 略  歴
1922年  北海道興部に生まれ 青少年期はオホーツク沿岸の湧別町で過ごす。
1955年  大雪山の麓、上川町に居を移し、大雪山とオホーツクを中心に
      北の自然と取り組んで写真活動を続ける。
1968年  プロの写真家として独立する。
1973年  写真集「大雪」(DAISETSU)を出版。
       個展「大雪賛歌」東京西武デパート他で開催。
1974年
   〜76年 「未踏の大自然シリーズ」において、タイムライフ社の特写を担当。
1976年  写真集「大雪山」(山と渓谷社)を出版。
1978年  写真集「白い太陽」(学研)を出版。
1984年  ダイコロ株式会社の依頼  道内飛行場開設活動。
1987年  ダイコロ愛別飛行場の開港 飛行場長に就任。
       大地をテーマに航空写真による作品作りを開始。
2000年  個展「大地との対話」富士フォトサロン札幌にて開催。
2017年  志賀芳彦写真集成「大地の鼓動」
         (HEARTBEAT OF THE EARTH)  ( ダイコロ社) 

◎  受 賞 歴
1968〜69年 「国立公園写真コンテスト」最高賞 厚生大臣賞 2年連続
1973年   日本写真文化協会賞、 上川町文化賞
1974年   日本写真家協会、作家の部「年度賞」
1982年   上川町文化功労賞
1985年   第1回 東川賞「特別賞」

   日本写真家協会会員、北海道写真協会写真道展審査会員

  
旭川支部総会時に馬場支部長が追悼の意を表した内容はこちら
志賀芳彦先生遺作集へ
トップページに戻る